磁器と陶器を焼き合わせた独創の有田焼窯元「伝作窯」とは?

伝作窯とは?

異端の有田焼 伝作窯 異端の有田焼 伝作窯

「・・、あり得ない。」

それは、東京で開催された伝作窯の個展での一幕。

訪れていたのは、多孔質材料を専門とする大学教授。
伝作窯を手にとって、思わず口にした一言でした。

不可能を可能にした、異端の有田焼

それまで、磁器と陶器を1つに焼き合わせることは不可能だとされてきました。磁器と陶器では土の成分がまったく異なる上、焼き上がりの温度も大きく異なるからです。

下記の表に、陶器と磁器の主な違いをまとめました。

  磁器 陶器
焼成温度 高温(1300℃以上) 低温(1000℃〜1300℃)
主原料 陶石(カオリン、長石などの成分を含む石) 陶土(粘土や土)
呼称 石もの 土もの
見た目 ガラスのように滑らかで均一。薄く硬い。白い素地。 表面に凹凸があり素朴で暖かな風合い。厚みがある。
発端 北宋(960〜1126年)の景徳皇帝の時代(景徳年間1004〜1007年) 原始時代の土器
焼き合わせ
焼き合わせ

ご覧の様に、陶器と磁器では大きく違う特徴を持ち、焼成温度も全く違っています。多孔質材料専門の大学教授が「あり得ない。」と呟いたのも、この為でしょう。

伝作窯は、この常識を覆す独自のノウハウで、いっさいの糊を使わずに磁器と陶器の焼き合わせを実現しました。

磁器のシャープに光り輝く優雅で滑らかな印象。
陶器の素朴で暖かみのある柔らかな表情。

…異質であるはずの二つの焼き物が、互いの利点をそのままに、お互いを引き立てるハーモニーを奏でています。
今まで成し得なかった陶器と磁器の同時共演が、「陶磁器」により可能となったのです。

独特の風合いを持つ、異端の有田焼の誕生です。


有田焼に吹き込まれた、新しい命

焼き合わせ
焼き合わせ

そもそも有田焼といえば、何よりもまず磁器であることが暗黙の了解。陶器が有田焼を語ることは、いわばルール違反です。

ところが実際に合わせてみると、陶器が持つ土の温もりと、磁器が持つガラスのような繊細さが見事に融合し、有田焼に新しい命が吹き込まれました。

伝作窯は窯元としての伝統的な有田焼の技術を駆使し、伝統を守りながらも、新しい美しさを持つ「陶磁器」をこの世に送り出します。

磁器と陶器を1つに合わせるには、絵付けの工程を含めると、何度も焼成を繰り返す必要があります。

手間隙はかかりますが、だからこそすべての陶磁器を一点一点手づくりで仕上げ、心を込めています。


あなたの毎日を、深く豊かに彩る伝作窯

飯椀

伝統としての有田焼。ルールに固執しないチャレンジ精神。
そして何よりも、手間隙を惜しまないことで生まれる真心。

日用品としては高価ですが、大事に仕舞っておくのではなく、ぜひ日常の中でお使いください。
一日の疲れを癒す一杯のビールのために。
ホッと一息、コーヒーブレイクのために。

あなたに深みのある豊かな時間が訪れることを願って。


伝作窯



検索
商品一覧
商品カテゴリー
食器(陶器・陶磁器)
湯呑
酒器
マグカップ・コップ
コーヒーカップ
飯碗
鉢・丼・箱
茶器
和皿・洋皿
セット
ワケあり商品
装飾品(陶器・陶磁器)
飾り皿
飾り鉢
屏風・衝立
インテリア
その他
シャイニングチャイナ(磁器)
飯碗
マグカップ・コップ
酒器
densaku modern
価格帯で選ぶ
〜1万円
1万〜1万5千円
1万5千〜2万円
2万〜3万円
3万〜10万円
10万〜50万円
50万〜100万円
100万円〜
模様で選ぶ
桜(食器)
桜(装飾品)
秋草(食器)
秋草(装飾品)
平成鍋島(食器)
平成鍋島(装飾品)
12ヶ月
錦桜
その他
シャイニングチャイナ 動物 文様 植物・果物 densaku modern
ギフトとしての伝作窯
伝作窯のギフト特集
ご結婚祝い・ご結婚記念
ご両親・祖父母へのプレゼント
結婚20周年磁器婚式・9周年陶器婚式の記念に
新築祝い・開業祝い・引越祝い
誕生日プレゼント
定年退職のお祝い
長寿のお祝い
海外向けギフト
社内外のビジネスギフト
コンテンツ
伝作窯とは?
伝作窯の象徴、桜模様
シャイニングチャイナシリーズご紹介
お客様の推薦
お客様の声
伝作窯工房のご紹介
伝作窯の有田焼が出来るまで
伝作窯オンラインギャラリー
伝作窯ブログ
インフォメーション
お買い物ガイド
梱包のご案内
よくあるご質問
お問い合わせ
名入れのご案内
プレスリリース
100%満足保証
通信販売法表記
個人情報の取扱い
サイトマップ
ワケあり商品