それまで、磁器と陶器を1つに焼き合わせることは不可能だとされてきました。磁器と陶器では土の成分がまったく異なる上、焼き上がりの温度も大きく異なるからです。

「・・、あり得ない。」

 

それは、東京で開催された伝作窯の個展での一幕。訪れていたのは、多孔質材料を専門とする大学教授。伝作窯を手にとって、思わず口にした一言でした。

「あり得ない。」と言わせた伝作窯の技術。

ご覧の様に、陶器と磁器では大きく違う特徴を持ち、焼成温度も全く違っています。多孔質材料専門の大学教授が「あり得ない。」と呟いたのも、この為でしょう。

伝作窯は、この常識を覆す独自のノウハウで、いっさいの糊を使わずに磁器と陶器の焼き合わせを実現しました。磁器のシャープに光り輝く優雅で滑らかな印象。陶器の素朴で暖かみのある柔らかな表情。

異質であるはずの二つの焼き物が、互いの利点をそのままに、お互いを引き立てるハーモニーを奏でています。今まで成し得なかった陶器と磁器の同時共演が、「陶磁器」により可能となったのです。独特の風合いを持つ、異端の有田焼の誕生です。

そもそも有田焼といえば、何よりもまず磁器であることが暗黙の了解。陶器が有田焼を語ることは、いわばルール違反です。ところが実際に合わせてみると、陶器が持つ土の温もりと、磁器が持つガラスのような繊細さが見事に融合し、有田焼に新しい命が吹き込まれました。

伝作窯は窯元としての伝統的な有田焼の技術を駆使し、伝統を守りながらも、新しい美しさを持つ「陶磁器」をこの世に送り出します。

磁器と陶器を1つに合わせるには、絵付けの工程を含めると、何度も焼成を繰り返す必要があります。手間隙はかかりますが、だからこそすべての陶磁器を一点一点手づくりで仕上げ、心を込めています。

伝統としての有田焼。ルールに固執しないチャレンジ精神。そして何よりも、手間隙を惜しまないことで生まれる真心。日用品としては高価ですが、大事に仕舞っておくのではなく、ぜひ日常の中でお使いください。一日の疲れを癒す一杯のビールのために。ホッと一息、コーヒーブレイクのために。あなたに深みのある豊かな時間が訪れることを願って。

  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

有限会社 伝作窯  〒844-0021 佐賀県西松浦郡有田町応法丙3576-17 電話番号 0955-43-2724

Copyright 2020 Densakugama All rights reserved